D2D

- D2D -

世界を旅する上海蟹

世界を旅する上海蟹

世界を旅する上海蟹

世界を旅する蟹、中国には上海蟹と呼ばれるカニがいる。

世界に拡がる上海蟹
中国の上海(Shanghai, China)から船に乗って、シンガポール(Singapore)、インドのゴア(Goa, India)、南アフリカの喜望峰(Cape of good hope, South Africa)を辿って、ドイツのハンブルグ(Hamburg, Germany)へ。
憧れの豪華クルーズ船に乗って優雅な80日間の世界旅行!であれば楽しいが、ここでは極東アジアから欧州や北米等各地へ貨物船によって運ばれてきた上海蟹のストーリー。
上海蟹とは
中国名:中華絨螯蟹(Zhonghua Rongaoxie)
英名:Chinese mitten crab
中国では通称「大閘蟹」、日本では和名「チュウゴクモクズガニ」通称「上海蟹」。
中国長江(揚子江)流域に生息する淡水性の甲殻類。有名な生息地は、上海から西へ約100kmに位置する江蘇省蘇州市(Suzhou)の陽澄湖。甲羅の大きさはこぶし大ほど、例年秋から初冬の10月~11月が旬といわれ、この2ヶ月間は上海蟹を食べるために上海や蘇州へ足を運ぶ人が大勢いる。
なぜ淡水性の上海蟹が船に乗って外国へ
ヨーロッパでは、ドイツのエルベ川、イギリスのテムズ川にて上海蟹が大量に繁殖しているそうだ。100年前から貨物船のバラスト水に混じり、上海から近くは日本へ、遠くは欧州や北米へ広がったそうだ。上海からヨーロッパへの航海距離はスエズ運河を通り約2万km。喜望峰周りは2万7千km。かつては100日間以上の船旅してきたのだろう。繁殖力が強く、各地では外来水生生物として問題視されている。
バラスト水(Ballast Water)とは、船舶が航海時のバランスを取るために船底へ貯留する海水の事で、到着港にて貨物を積載する際には排水することで船体のバランスを取る。バラスト水に含まれる水生生物が他国の海で排出されることによって、生態系を乱す要因になっているといわれ、世界各地で問題視されている。2017年、国際海事機関(IMO : International Maritime Organization)がバラスト水管理条約を発効した。
近年、中国においては環境汚染が問題視され、食用としての上海蟹は養殖されているそうだが、欧州や北米の上海蟹は環境汚染が少ない水質のよい河川で繁殖した天然蟹だ。上海下部の繁殖は、モノを運ぶ海運が外来生物の繁殖を作り出す要因となってしまった副産物だ。
商用目的の船舶は世界を運航している

人を乗せる旅客船のクルーズ船、貨物も運ぶ貨客船のフェリー。自動車を運ぶ自動車運搬船やエネルギー資源を運ぶ石炭船やLPG船・LNG船などの専用船もある。貨物船はコンテナ船や不定期のバルクを運ぶ一般貨物船などがある。

外航海運業界は好不調の波が激しくリスクの高い業種として認識されている。営業の基盤となる貨物の動きは、世界規模の景気に左右され、災害や国際情勢も影響を及ぼす。船舶などの設備投資も継続的に必要なために、小規模の企業では安定した成長が難しく、近年は世界規模のアライアンスを組むことで、安定した経営を行おうとしている。
今日においては、定期航路の集約、設備の共通化、船舶や港湾の共同利用が進み、大幅なコストダウンを可能にしている。海運業界のアライアンスが進み、現在は3つのアライアンスが世界シェアの80%以上を占めている。アライアンスの名称と主な船社は次の通りだ。2M(Maersk、MSC)、TA(ONE、Hapag-Lloyd、YML)、OA(CMA-CGM、COSCO、EMC)。

アライアンス名2Mアライアンスオーシャン アライアンスザ・アライアンス
ALLIANCE
NAME
2M ALLIANCEOCEAN ALLIANCETHE ALLIANCE
シェア33%29%20%
船社名MAERSK LINE
MSC
CMA CGM
COSCO
EMC(EVERGREEN)
OOCL
ONE
Hapag-Lloyd
YML(YANG MING)
HMM
補足世界規模1位のMAERSKと2位のMSCが連盟を組む、世界最大規模のアライアンスフランス系CMA CGMと中国国営COSCOと台湾のEMCを中核とした規模の大きなアライアンス日本郵船(NYK),川崎汽船(K-LINE),商船三井(MOL)3社のコンテナ事業部が統合したONEが参加
船の役割
「水中の物体は、その物体が押しのけた水の重量を同じだけ軽くなる、すなわちそれだけの浮力が生まれる」ギリシャの数学者・天文学者アルキメデスの原理だ。
人類において船の期限は丸太を組んだ筏(いかだ)や、丸太をくり抜いた丸木舟であろう。紀元前4,000年~紀元前3,000年頃のエジプトにて建造されたピラミッドは、ナイル川を運航する川船によって、ピラミッドの石が運搬された。日本の大阪城の石垣も船を用いて運ばれた。
船は世代を超えて受け継がれてきた。船は水に浮く建築物であり、現代では社会基盤を支えるインフラとしての輸送システムでもある。船舶は、他の輸送手段である飛行機、トラック、鉄道と比べると、輸送効率が高く、少ないエネルギーで運べるため突出してけた違いに経済的だ。SDGsの観点からも、CO2の排出量が少ないため「エコ」な輸送手段の一面もある。

Share this post on

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

ー お問い合わせ ー

About FCSL

当社の使命は、国際物流を簡素化することです。 複雑、わかりにくい、規制が多い、どこにあるかわからない、コントロールできない、 そんな国際物流を簡単にご利用できるようにいたします。
Our Mission is to simplify the cross-border transportation.

Recent Posts

Follow Us