D2D

念のため肥満による コスト増にシェアスペース

〜海上輸入とダイエット〜

健康志向を追求する人が気になるワード「ダイエット」。 中国から日本へ製品輸入する貿易の輸送コストと緩やかな糖質制限によるダイエットには共通点がある。 「そろそろなんとかしなきゃ」と思っている人の解決策!

ローカーボによるダイエットは、3ステップだと言われています。

1st Step:VOLUME ボリュームを減らす、 主食(米や麺類)などを優先して減らす。
2nd Step:BALANCE バランスよい食事を心がける、 適度な運動で効果アップ
3rd Step:QUALITY 品質にこだわり、 栄養バランスと運動量に見合った糖質を摂取

ローカーボとは

LOW CARBOHYDRATE = ローカーボハイドレイトの略語です。
日本語では、低炭水化物などとも呼ばれています。
健康志向な方やダイエットをしている方は気になるワードです。

日本の朝食はパン派とご飯派の2つのグループに大きく分けられてきました。食パンや白米のご飯は炭水化物の代表格、糖質過多で太りやすく、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が不足しています。最近はシリアルやナッツさらにはヨーグルトなどが気軽に食べられるようになり、ローカーボな朝食が取れるようになってきました。
スーパーやコンビニでも、炭水化物=糖質を抑えたレトルト食品、スイーツ、サラダなどがあふれています。

「太ったかも・・・」。そんな人は緩やかな糖質制限でダイエットを始めています。巣ごもりで間食が増え、比例するように体重が増えるケース。
通勤が減り運動量が減る事で体重はかわらないけど、隠れ肥満になっているケースなど、理由はひとり一人違っても、心も体も健康であって欲しい。

中国から日本へ製品を輸入する貿易で必要な三大物流サービスは、 海上輸送、輸入通関、国内配送。 製品輸入の輸送コストは、「念のため肥満」でコストが膨れているかも。

コストが 膨れる 要因 ​

CONTAINER
コンテナ1本が当たり前
上海から日本への海上運賃はそこまで高くないと思っているために、コンテナ1本(FCL=Full Container Load)で輸入することが常態化。海上混載便(LCL=Less Than Container Load)の料金計算は大変なので選択する事を諦めている。

LEAD TIME
納期を守るためHDS
守るべき納期のために、荒天や濃霧及び港湾の混雑によるコンテナ本船の遅延に備えて、つねにHDS(Hot Delivery Service)を付与している。海上混載便(LCL)の時には、コンテナデバンニング(De-Vanning=コンテナから貨物を荷卸しすること)の作業日程がいつになるかわからないから、優先的に作業を行うHDSのコンテナに船積みするようにしている。

TRUCK
トラックをチャーター
港から納品先まではトラックをチャーターしている。港の倉庫(CFS=Container Freight Stationから納品先まで、日本国内の路線混載便の料金がわからないから、念のためにお約束通りにトラックのチャーター便を押さえている。 

輸入コストにおける「念のため肥満」になってしまっている人は、想定外のコストの発生や予測できない納品までのリードタイムをコントロールする事を望む傾向が強い。それらは今までの経験に基づき築いてきたことで、必要なコストであったと思っていたし、すべては納期に向けて関係してくるパズルのように、たったひとつのピースが抜けても納期を守れず、簡単に改善する事ができなかった。

D2Dは、コンテナとトラックをシェアスペースします。

海上輸送においては、D2Dが多くの輸入者の貨物を組み合わせて海上コンテナ1本を仕立てます。
日本国内の配送は、提携した豊富な配送網にて路線混載便でお届けします。
中国から日本への輸入における「念のため肥満」によるコスト増は、改善の栄養素がギュッと詰まった、
D2Dの3つのメソッドで無理なく攻略できます。

D2Dの3つのメソッド

1st Step:安価 集約運送によるオールインの従量課金
2nd Step:安定 信頼ある船会社と国内の豊富な配送網を組み合わせ 
3rd Step:簡単 料金シミュレーターで、料金を簡単計算
シェアスペース(Share space)は、輸入の輸送コストをスリム化する解決策の第一歩。
中国から日本へ製品を輸入しているそこのあなたは、従来の輸送に手を伸ばさず、D2Dを始めてみてください。
ここから簡単に輸入ビジネスの「ローカーボ」ダイエットが始まります。

Share this post on
Facebook
Twitter
LinkedIn
ー お問い合わせ ー