D2D

〜輸入SCMを最適化する海上輸入サービス 〜

海上輸入のSCM。
中国からの輸入を最適化するSCMのツール!

1. 多品種小ロットへのパラダイムシフト

競争力を向上させるため、事業収益構造の改革など、経営戦略にSCM(サプライチェーンマネジメント)を取り入れ、プロセス全体の最適化を図る企業が増えている。

大量生産によってコストを下げる製造・流通業の事業構造が、近年の市場環境変化として、製品ライフサイクルの短縮化や多品種小ロット化が進んだ。

需要変化が激しく、生活環境や天候による不確実性や、国際化によるグローバル経済の影響により、市場動向の予測がますます難しくなっている。

このため、販売機会の損失や在庫の欠品が生じるなど、事業に「不確実性」が多くなり、輸入した製品が必ず売れる時代ではなくなってきた。

大量生産から、多品種小ロットへパラダイムシフトという事業構造の変革に、SCMがますます重要視されている。

3. 最適なSCMへのジレンマ

市場の「不確実性」への対応として、多品種小ロットへパラダイムシフトする事業環境に適応すると、必要な時に必要な製品量を輸入するようになってきた。

大量生産による集約運送の基本的な成立要素を満たさなくなってくる、ここで新たな課題が起きてきた。

製品の販売を主眼とした部分最適を追求すると、輸送コストが高くともクーリエや航空輸送を行い、輸入コストが増加し、SCMからみると、間違った行動を起こしている可能性がある。

不確実性の高い市場変化には、長い期間を主眼においた企業全体を見渡したサプライチェーンは通用しないことがある。

2. 最適なSCMを導入する

物流の仕組みを改善する中で、企業はさまざまな対策を講じてきた。

船会社、航空会社、クーリエ、倉庫、物流加工業者、フォワーダー、通関業者、トラック運送会社、宅配便、検査機関など、サプライチェーンに関わる委託先の企業を吟味し、選択と集中、リスクの分散化など、多方面に渡る検討の結果、より最適なSCMを目指している。

物流コストの低減、貨物の保全を 目的としたバイヤーズコンソリデーションやITシステムを用いた業務効率の向上など、具体的な手段を導入した企業は少なくない。

4. 必要な時に、必要な輸入量へ

多品種小ロットへの市場需要に適応したビジネスモデルへ事業構造の変革を行った企業は、次世代型のSCMを導入するようになってきた。

必要な時に必要量を輸入するサプライチェーンにおいては、一つの企業が集約運送を行うバイヤーズコンソリデーションや、海上コンテナ1本単位で輸入する事は、かえって輸入コストが増加し、さらに輸入のタイミングに制約が生じてしまう。

必要な時、必要量を輸入するこの時代、最適化を求めている企業は、新たな輸送サービスを待ち望んでいた。
海上輸送

D2D

D2D、輸入量に応じた従量課金の次世代型海上輸入サービス。
海上運賃、通関料、日本国内配送料が一つになったオールインワンの輸送サービス。