D2D

〜海上輸入とVUCA WORLD〜

輸送を力にかえる企業が取る、
たった1つの選択

予測不能な不安定な時代、複雑性が増す環境下において、成果を出し続け、
時代をリードする企業は中国から日本への製品輸入において、
輸送を力にかえるサービスを選んでいる。
D2Dは中国から日本への海上輸入に特化した輸送サービスです。
VUCAとは

VUCAとは

Volatility 変動性・不安定さ

Uncertainty 不確実性・不確定さ

Complexity 複雑性

Ambiguity 曖昧性・不明確さ

この4つの言葉の頭文字です、1990年代米国で生まれ、近年はビジネス用語として使われるようになりました。不安定な世界経済やビジネス環境を表現する際に使われています。

かつてのプランニングでは、何が起こりそうかを考えてよかった
これに対し、不確実性の下でのプランニングでは、
既に起こったもののうち、
未来を創り出すものは何かを問わなければならない

P・F・ドラッカー著 実践する経営者

VUCA WORLD(VUCA時代)

海外から日本へ製品を輸入する企業においては、予測不能な不安定な時代でも迅速に対応できるように取り組まれているであろう。さまざまな分野においてグローバル化が進んだ現在、海外から仕入れした製品を輸入販売する商社・卸売・小売の企業、海外から調達した原材料を基に製品を創出するメーカー、日本の企業は国内だけでなく、世界の動向にも目を向けている。

更に、次々と新しいサービスが生まれ、技術革新が速くなり、市場が求めるニーズの変化も加速しています。これらの国内外の環境下においては、市場シェアを占有する大企業でも従来型のビジネスモデルが通じず、成長を阻害する複雑な要素が現れてくることでしょう。

計画的な生産、スケジュール通りの出荷、合理的な輸送、予測通りの販売、これらの商流において、思いがけない予測不能な事態が、成功していたビジネスモデルに影響を与える事もあります。
今まで以上に複雑さが増し、曖昧な状況を VUCA WORLDと呼んでいます。

Business opportunity 
ビジネスチャンス

1960年代~1980年代には、製造業を中心として日本経済は好景気を迎え、各種業界の市場は拡大し続け、製造すれば売り上げに結果を残せる時代でした。

現代はインターネットの普及、グローバリゼーションによるクロスボーダー取引の拡大、IT技術の革新によるDX(デジタルトランスフォーメーション)、これらにより産業構造が複雑化している。VUCA WORLDをネガティブに捉えず、ポジティブな思考で理解すれば、企業を成長させるビジネスチャンスと意識できるでしょう。

The one and only option
たった一つの選択

変化が速い、いつ変動があるかわからない、生産の進捗、日本の市場のニーズ、販売好調な製品の追加発注、在庫量減少分の補充、時間をかけて慎重に検討を重ねた事も、想定外の事態によって、計画通りに進まない事もあります。

そのため素早く軌道修正を図るというような、スピード感を持った判断と、状況に応じた臨機応変な手段が重要になります。

必要な時、必要量を輸入するこの時代、想定外なスケジュールでも輸送手段を確保するために、多様な要素から素早く輸入時期を判断する行動力が、VUCA WORLD時代において、輸送を力にかえていく企業のたった一つの選択です。

D2D宣言

VUCA WORLD

VUCA WORLDにおいても成果を出し続ける輸入企業のために、
D2Dは製造拠点と消費地を点と点で繋ぐデータを基に、パーソナライズされた輸送ルートによる、
新たな輸送サービスをご提供します。